ケーブルテレビ(CATV)で地上デジタル放送 BSデジタル放送受信

うちはケーブルテレビ(CATV)なんだけど 地上デジタル放送を受信するには?
「うちはケーブルテレビ(CATV)なんだけど 地デジを見るには
地上デジタルチューナー付きのテレビを買えば良いんでしょう?」




「地上デジタルチューナー付きのテレビを買えば見れるハズです。
注意点がひとつ…」
答えは「地上デジタルチューナー付きのテレビ買えば見れるハズです。」

テレビを買う前に 契約されている
ケーブルテレビさんに
問い合わせをしましょう。

テレビを買う前に契約されているケーブルテレビさんに問い合わせをしましょう。

毎月の契約料こそ発生しますが「独自の番組が見れる」「天候に左右されない」「受信エリア外でも放送が楽しめる」など人気のケーブルテレビ  多くの方が加入されています。
地上デジタルチューナー付きのテレビをご購入されればケーブルテレビに加入されている方なら まず問題なく地デジを楽しめるはずです。

またケーブルテレビのSTB(セットトップボックス)があれば地上デジタルチューナーの代わりも勤められるはずですので 昔からのブラウン管テレビ(アナログテレビ)でも地デジが見れるはずです。
(高品質な映像で見るならハイビジョンテレビです。) STBも各ケーブルテレビ会社では規格が違いますので、加入されているケーブルテレビ会社に問い合わせをしましょう。
つまり、STBがすでにあるならアナログテレビ(ブラウン管テレビ)でも地上デジタル放送が見れる(画質等は望めない)ということです。
ケーブルテレビさんによって「仕様」が違う場合があります 問い合わせをしましょう。

しかし…いくつかの問題点?もありますので  このサイト「地上デジタル放送Q&A」の主旨と若干違いますが述べさせていただきます。
それはBSデジタル放送のことです。

ご高齢の方(おじいちゃん、おばあちゃん)の中には  いまのキレイな放送(デジタル放送)のことを、全て地デジと思っている方もいらっしゃいます。
もちろん キッチリお分かりの方も多くいらっしゃいます。

最近のNHKでは、かなり魅力的な番組をNHK-BSの方で放送することも多くBSデジタル放送のことに少しふれておきます。

ケーブルテレビ各社が独自に伝送方法を決めているため、BSデジタル放送を受信するには BSデジタルパススルー用「アップコンバータ」の取り付けが必要なケースやケーブルテレビ各社が指定した STB(セットトップボックス Set top box) がないと見れないケースがあります。

ご家庭によってはアップコンバーターの関係でBSアンテナだけ独自で取り付けている方もいらっしゃいます。
(※CATV会社との契約内容、 テレビ一台ごとにアップコンバータがいるケースなど。)
ケーブルテレビさんによって仕様が違う場合があります 問い合わせをしましょう。

ビエラリンクをどうする?
STB(セットトップボックス Set top box) で一番全国普及されているといわれるパナソニック製品ですがHDMIケーブルでつなげた場合相性がいいのは、やはりビエラシリーズのテレビです。
(※パナソニック製のSTB とのリンク機能を考えるならテレビはビエラが良いなど。)



STB、アップコンバータ、BSデジタル放送、リンク機能の用語解説は下記です。

STB、アップコンバータ、BSデジタル放送、リンク機能ってなに?

STB 
セットトップボックス Set top box といいます。
テレビに接続して、加入しているCATVから様々なサービスを受けられるようにする機器のことです。

昔のブラウン管テレビは幅があり、テレビの上に置いておくことがほとんどなためこの名前が付きました。


アップコンバータ 
CATV(ケーブルテレビ)におけるアップコンバーターとは、ケーブル線を流れている BSデジタル放送の信号を、BSデジタルチューナー付きのテレビ等で受信できるように信号を変換する機器のことです。

ケーブルテレビ会社によってはBSデジタル放送の信号をケーブル配信に適した周波数に変換して送っている会社もあり、そういったケースでは、BSデジタルチューナー付きのテレビでBSデジタル放送を受信するにはアップコンバータが必要です。


リンク機能 
大手テレビメーカーが顧客の囲い込みのため競っている機能のひとつです。

主にテレビとレコーダーの接続で発揮される機能で、テレビとレコーダー(ブルーレイ、DVD)それぞれが固有のリンク機能(基本的に同一メーカー)を持ち且つHDMIケーブルでつながったときリンク機能が生きます。

リンク機能が働けば、リモコン一つでの操作(電源OFF等、)が可能ですので とても便利です。

使用するお客様には便利さを、メーカー側はテレビもブルーレイレコーダーも、DVDレコーダーもわが社のものが売れる ということでどちらにも良いお話です。

各社のリンク名
パナソニック⇒ビエラリンク    ソニー⇒ブラビアリンク
シャープ⇒アクオスファミリンク  東芝⇒レグザリンク 等


BSデジタル放送 
BSデジタル放送を受信するには⇒BSデジタル放送の受信アンテナ(パラボラアンテナ)とBSデジタル放送のチューナー、もしくはBSデジタル放送のチューナーが内蔵されたテレビやレコーダーなどが必要です。

ケーブルテレビの場合は当然パラボラアンテナなどは設置しなくても良いので気軽に視聴できます。
(ただしケーブルテレビ会社によってはアップコンバーターが必要なこともあります)。

また、BSは有料放送も多く受信の際に契約が必要な放送もあります。

NHKの場合を下記にあげました。

  NHK地上契約
  2か月払額  地上契約 2,690 円
  6か月前払額       7,650 円
12か月前払額       14,910 円

  NHK衛星契約〈地上契約含む〉
  2か月払額        4,580 円
  6か月前払額      13,090 円
12か月前払額      25,520 円
料額には消費税を含みます。沖縄県は料金が異なります。


 沖縄県 NHK地上契約
  1か月払額  地上契約 1,190 円
  2か月払額         2,380 円
  6か月前払額       6,810円
12か月前払額       13,280円

 沖縄県 NHK衛星契約〈地上契約含む〉
  1か月払額  衛星契約 2,135 円
  2か月払額         4,270 円
  6か月前払額      12,250円
12か月前払額       23,890円

※NHKホームページより 2009年1月現在