地上デジタル放送の基本

岩手県、福島県、宮城県のアナログ放送は2012年3月31日で終了

全国的には2011年7月24日でアナログ放送が終了しました。
さきの大震災、津波、原発事故の被害をおおく受けた三県は2012年3月31日に延長されました。
岩手県、福島県、宮城県のテレビ局は、アナログ放送とデジタル放送の ふたつの放送をしていますが、まもなく地上デジタル放送のみとなる予定です。
地上デジタル放送対応テレビやチューナーをまだ購入していない方
UHFアンテナを自費で設置しても地デジが見れない地域が存在するなど 地デジ完全移行へは大きな課題があります。

スポンサードリンク

詳しくは地デジ化!総務省対応をごらんください。

地デジ化?何が起こっているの?

2011年7月24日でアナログ放送が終了しました。
日本全国のテレビ局は、アナログ放送とデジタル放送の ふたつの放送をしていましたが、完全にアナログ放送を停波、地上デジタル放送へ移行しました。

何が起こったのかは 詳しくは地デジニュース コラムをごらんください。

アナログ放送から地デジにする理由は?

電波の有効利用です。
放送に使えるのは一定の周波数のところのみ、デジタル放送に変えれば電波に余裕が生まれて その分ほかに有効利用できることです。
また画質の差は歴然です!! 一度、デジタル放送を見た方はアナログ放送との画質の差に「アナログには戻れない!」と思った方も多いはずです。

地デジを見るためには?どうするの。

電波が届いているか?
地デジの電波が、あなたが受信しようとしている場所に届いているか?

受信できるアンテナ(UHF)アンテナがあるか?
正しく取り付けられているか?
地デジの電波を受信できるアンテナが適切に設置されているか?

地デジチューナーか、あなたのテレビが地デジ対応になっているか?
アンテナから送られた地デジの電波を受信出来るテレビがあるか?

ケーブルテレビで地上デジタル放送を見るという選択肢もあります。

地デジアンテナって今使っているのと違うの?

一般的にUHF アンテナが設置されていれば大丈夫といわれていますがそうでもありません。
地デジ受信にはUHF アンテナの全帯域用なら問題なしです。

UHF アンテナといっても、全て同じではなく、チャンネルカバー範囲により
「全帯域用」
「LM 帯域用(13~44 チャンネル用)」
「MH 帯域用(31~62 チャンネル用)」
の3 種類があるのです。
「全帯域用」であれば全く問題はないのですが、その地域の地デジ放送の送信チャンネル範囲が、お手持ちのUHF アンテナの受信範囲に含まれていない場合は、アンテナ交換が必要になります。
(2003年以降)ここ5 年間に購入されたものであれば「全帯域用」の可能性が高いです。

「目安は防水キャップが黄色」⇒アンテナの両端や同軸ケーブルの防水キャップが黄色になっておりますので目安としてください。
また、「LM 帯域用」か「MH 帯域用」かについては、アンテナの横棒の長さに若干の差があるだけで外見では判断しづらいです。 テレビでじっさいに視聴状況を確認することが一番です。

地デジが映るか映らないか どうやったらわかりますか?

ざんねんながら、「地上デジタル放送対応のテレビ等を実際につけて映してみる」か「アンテナ業者」(もちろん有料でしょう) にみてもらうしかありません。

目安としては
・アンテナ線がフィーダー線だったら 地デジ受信の可能性は小です。
・むかしからの共同アンテナだったら 地デジ受信の可能性は小です。
・お隣の家が地デジを受信出来ている⇒「そのままで受信できる」か「アンテナ等の設備が整えば 地デジ受信の可能性は大です。