地上デジタル放送を受信できない地域はどうするの?

地上デジタル放送を受信できない地域はどうするの? 「地上デジタル放送を受信できない地域はどうするの?
国で電波の中継局とか立ててくれるのかな?」

地デジはキレイだから歓迎ですけど…、ハイビジョンテレビを買うのもわかる! 屋根にアンテナを立てるのもわかる! それでも見れないところは自分たちで鉄塔立てないとダメなのかね!?

スポンサードリンク

総務省のアンテナキッド貸出、地デジチューナー支給。

■総務省の地デジ受信支援
●受信機器購入等の支援
●受信相談・受信調査
●地デジ説明・相談会、戸別訪問
●「地デジ専用アンテナキット」貸出し
●アンテナ工事の遅れ等による地デジ難視対策衛星放送BSの「一時利用」

注意!⇒上記のようにいろいろな地デジ受信支援メニューが用意されていますので「総務省ホームページ」「近くのデジサポ」で情報を収集してみてください。
※各支援は2012年3月末でいったん終了予定だそうです。
総務省の地デジ受信支援のページ

■デジサポのナビダイアル
0570-07-0101

※2011年12月末の情報です。
変更されていることもあり お近くのデジサポへお問い合わせ願います。

■簡易な地デジチューナーを無償給付
地デジ未対応で、生活保護受給世帯等のNHK放送受信料の全額免除を受けられる世帯(東日本大震災等により被災した世帯(注)を含む。)、または世帯全員が市町村民税(特別区民税を含む。)非課税の措置を受けている世帯に対して、簡易なチューナーを無償給付する等の支援を行っており、平成24年3月31日(消印有効)まで、支援の申込を受け付けています。
詳しくは、総務省地デジチューナー支援実施センター(0570-023724(ナビダイヤル)または03-4334-2669)にお問い合わせください。
(総務省ホームページより)

■岩手県、福島、宮城の三県のアナログ放送は
2012年3月31日で終了します。

  ・2011年12月末 加筆 地上デジタル放送Q&A

ここから↓過去の情報↓ 地デジ対応の推移の情報として残しておきます。

新着情報NHK3か年経営計画 2009年1月14日報道より
「今のところ、自分たちで何とかするしかないようです。」(2009年1月12日現在)
自分たちで何とかするしかないようです。

総務省
総務省 地上デジタル放送のご案内⇒http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/digital-broad/how.html

※↓総務省のホームページ、受信(地デジ)できない場合のチェック項目より
アンテナなどの受信設備が地上デジタルテレビ放送に対応していない可能性があります。
アンテナの調整や増設、設備の改修などが必要な場合がありますのでお近くの電器店、 もしくは受信設備の管理者に確認をしてください。
※↑総務省のホームページ、受信できない場合のチェック項目より~ここまで。

ハイビジョンテレビを買って、屋根の上に地デジ対応のアンテナを新規で立てても地デジを受信できないところが あります。


「先日アンテナ見てもらったんだけど…アンテナ立ててもダメらしい どうするんだ?」
上の質問の方は、ある地域の区長さんです。
総務省のホームページでいう受信設備の管理者というのは、この地区でいえば区長さんです。
「ダメらしい」というのは このままでは地デジが見れない!ということです。
この地区は30世帯ほどで、アナログ放送を各お家では受信出来ず、共同でアンテナを立てて 受信しています。
アナログ放送は見れているとのことですが、地デジは全く映らないとのこと。
むかし共同アンテナを立てた所に、見積もってもらったら地上デジタル放送を見るのに約600万円もかかるとのことです。

テレビも買って、また共同アンテナを立てないと地デジが見れないってのは どういうこと?
お怒りはもっとも、自分たちで地デジにするって決めていないのに  「2011年7月24日アナログ放送が終了するから いろいろ出費があると思うけど…地デジ受信は自己負担で。」 と一方的に言われているのですから…。

総務省に電話で問い合わせてみました。

受信地域を確認したうえで(郵便番号を聞かれます。) 共同アンテナの方はその受信設備の管理者か管理組合にお問い合わせてくださいといわれました。

いまのところ総務省としてはこの点について何の支援予定もないようです。
(2009年1月現在)

地上デジタルに関する質問 電話でのお問い合わせ
総務省⇒0570-07-0101

今後、地上デジタル受信共同アンテナを設置する組合等に補助金など が出ることを期待します。
デジタル改修工事の補助金に関するお問い合わせ先⇒http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/digital-broad/how06_01.html

このケースでの負担金額は、そうとうなもの

・共同アンテナが600万円かかる。
(30世帯とすると 一世帯20万円負担)
・もちろん地デジ対応テレビ、地デジチューナーが必要。

・アナログ放送の共同アンテナのときは仲間になっていた人が、 世帯の高齢化が進み地デジ共同アンテナに参加しないという世帯も出てきた。
『テレビが見れない』という家庭が2011年7月25日から実際に全国各地で誕生しそうです。
新着情報NHK3か年経営計画 2009年1月14日報道より

ケーブルテレビ加入者だけは、地デジ完全移行後も 3~5年間アナログ放送が見れる?