薄型tvの選び方パート4 番組の録画の仕方は色々あります。

録画の仕方いろいろあります!ブルーレイレコーダー?外付けHDD?

録画の仕方がいっぱいあってわからない!?
番組録画の仕方が いっぱいあってわからない!?

お客様がどう使うか(テレビ番組を)?です。」
「お客様がどう(テレビ番組を)使うか?です。」
このページではテレビ番組の録画の仕方を検討していきましょう。

「レコーダー?外付けHDD?録画機能付きテレビ??」

VHSデッキ⇒ちょっと昔でDVDレコーダー⇒今、ブルーレイレコーダー、テレビ一体型、外付けハードディスク等があります。 あなたは、テレビ番組の録画どうします?

ブルーレイレコーダーテレビとの相性バツグンです。
安心!基本のブルーレイレコーダー
テレビと同一のメーカーなら相性マチガイなしですが、HDMIケーブル接続なら他メーカー同士でも(あまり)問題ないようです。

HDDがいっぱいになれば、ディスクに焼くこともできます。
レンタルのブルーレイ、DVDも再生できます。
テレビのチューナーと別にチューナーを積んでますので、番組を見ながら別番組を録画できます。
(レコーダーの性能によっては2番組、3番組、4番組以上録れるレコーダーもあります。)

お値段が高いのがネックで、なかにはテレビ(中級クラス)の数倍もするレコーダーもあります。
何番組とれるか?内蔵のハードディスクの容量(録画時間)によって お値段が違ってきます。

外付けHDD
外付けハード ディスク ドライブ と呼びます。
お値段ならHDDに勝てるものなし?
(簡単に言いますと)パソコンのHDDをテレビ録画に使用したもので ズバリお値段が魅力 です。
これは東芝さんが流行らせた といってもいいものです いわゆるレグザシリーズですね。

たとえば2TBのブルーレイレコーダーなどは、各メーカーでは最上位機種ランクのレコーダークラスですので、お値段もハイクラス!(12万円以上?)となりますが、 外付けハードディスク 2TB ですと10,000円~(ただし…いろいろ種類があります 2011年12月末現在)で購入できます。
安いですねこの点だけをくらべれば十分の一! 録画時間単価 ↑が良いと書いたのはこのためです。

ちょっと待ってください!デメリットもあります。
外付けHDDは安いですがすべてのテレビにつけられる訳ではありません。

外付けハードディスクを流行らせた!東芝のレグザシリーズだって外付けHDDを付けられないテレビもあります。

また、テレビによっては裏番組みが録れなかったり 接続できる外付けHDDがあまり選べないテレビもあります。

外付けHDDの番組を(あらたにレコーダーを買っても)まったくディスクに移せないケースもあります。

  • 外付けHDDの注意点!?もっと詳しく
  • を参照。
    一般的に外付けHDDを接続できるテレビは、そのぶんの「別チューナー」を備えているテレビが多く 通常のテレビに比べると割高感があるようです。

    録画機能一体型テレビで番組録画
    数年前でしたら
    内蔵HDDは 日立。
    外付けHDDは東芝。
    ブルーレイ内蔵のシャープ。
    全部入りが三菱。
    だったのですが、今 各メーカーはいろいろなテレビを世に送り出しているので「このメーカーがコレだ!」というのはないようです。
    録画機能が豊かで便利なテレビほど高額化すると考えた方がいいでしょう。
    録画機能のところだけ買い替えというのはできませんので「新し物大好き」といった方には向かないかもですが、一体型ゆえの楽ちん操作はすべてのユーザーに「お手軽さ」をあたえてくれるでしょう。

    ■1.地デジ対応の薄型テレビ何を買ったらいい?「大きさは?」
    ■2.地デジ対応の薄型テレビ何を買ったらいい?「録画機能が付いたテレビ?」
    ■3.薄型テレビ何を買ったらいい?「ネット?家電量販店?ジャパネットたかた?」

    Copyright (C) 2007年~2012年 地上デジタル放送Q&A All rights reserved.