薄型tvの選び方パート5 テレビの今後は?テレビ本体の未来は?

テレビの今後は?テレビ本体の未来は?

テレビの今後は?パソコンとテレビは一緒になる?

テレビの今後は?テレビ本体の未来は?
答えは「テレビの今後はパソコンと変わらない?PCがテレビに?!。」
うーん最近のテレビ番組は金太郎あめみたいな…
というテレビ番組のお話ではなくて、ハード(モノ)としてのテレビの今後を考えてみましょう。
ブラウン管テレビ⇒液晶テレビ(プラズマもありますが)に進化?してきたわけですが、ここ数年でテーマがいろいろ出てきました。
■テレビの大画面化
65型等のテレビが家の中にあったら もう映画館並み?の大迫力です。
そこまでいかなくても、今のテレビは大きくてお安くなりました。
技術の進歩で大画面パネルが比較的安くつくれる恩恵ですね。


■テレビ番組の録画機能の多様化&高画質録画

ちょっと前までは 録画といえば「テレビデオ」「VHSデッキ、DVDレコーダー」だけといってよかったでしょう。
最近では、内蔵ハードディスク、ブルーレイレコーダー、内蔵ブルーレイレコーダーと「何に」録画するか 迷うほどの色々な録画対応テレビが登場しています。
またレコーダーの機能によっては地デジ、全チャンネル全部録りする機能のある録画機も登場しています。(チャンスを逃さないですね)
そしてビックリするのが『録画の綺麗さ』です!ホントにキレイに番組録画できますよね。
録画モードによっては「今見ているのか?録画番組を見ているのか?わからない!!」なんてこともあります。
(2012年1月現在) いまの流行り?といえば外付けHDDで録画できるテレビがおおくなりました。


■3D対応テレビ

2011年は3Dの時代! …と思ったのですが「3Dメガネの問題」「ソフト(番組やBL)の少なさ」3Dの時代が来たとはちょっと言いにくい現状です。
しかしながら、少ないですが3Dソフト(ブルーレイ)の優秀なのが出てきたり、PS3の3Dゲームは それなりに楽しめたりしますので今後の展開に期待!といったところでしょうか?


■インターネットが楽しめるテレビが主流になるのは当たり前?
各家庭のADSL、光ケーブルなどのインフラ整備が充実しつつあり、加えて「アクトビラ」「ユーチューブ」「ニコニコ動画」等、動画配信やネット版ツタヤ?的なサイトが充実してきました。
従来の地方局…いえ大手のテレビ局(キー局)と同格、それ以上の充実ぶりのサイトが多くなった今は、それをテレビで見れるようになるのはとても、あたり前のことなのかもしれません。

現在、すべてのテレビが対応しているわけではないですが アクトビラ、ユーチューブ、光テレビ対応の機種も多くなりました。
『ネットのコンテンツがみれる』、というのは テレビをチョイスするうえで常用項目に(現在)あまりあげられていないですが、地デジ、BS放送に加え ネットのコンテンツも楽しめるテレビはこれからの、まちがいなくスタンダードになるでしょう。

ちょっといった未来では、現在 スマホでやっていることを、お茶の間のテレビでたのしんでいるようになっているかもしれません。
2012年 地上デジタル放送Q&A
※テレビ本体だけではインターネットは楽しめません、光ケーブルなどのインフラ整備が必要です。パソコンで動画やネットショッピングを愉しんでいるという方でしたら、問題ないと思います(通信速度によりますが)。

■1.地デジ対応の薄型テレビ何を買ったらいい?「大きさは?」
■2.地デジ対応の薄型テレビ何を買ったらいい?「録画機能が付いたテレビ?」
■3.薄型テレビ何を買ったらいい?「ネット?家電量販店?ジャパネットたかた?」

Copyright (C) 2007年~2012年 地上デジタル放送Q&A All rights reserved.